PURE SOURCE STORY

純粋な源の物語

終わってたまるか

あまざらしの新しい曲、すごくよいな。

 

 

そんなわけで、私は、自分のために、人前で裸になることにしたのだった。

 

 

 

みてほしい。

 

 

 

 

私の身体。

 

 

 

 

 

言葉にして、伝えたいよな。

 

 

 

私の夫は、音楽を聴いても歌詞がわからないらしい。

 

 

 

 

なぜか、なぜか、なぜか、悲しくて。

 

 

 

寂しくて。

 

 

 

俺が悪いんでしょって言ってくるし。

 

 

 

そうだよ、って言っても。

ちがうよ、って言っても。

 

 

半分は間違ってるんだからさ。

 

 

 

 

ごめんね、が擦り切れ。

 

言葉の意味や価値が失われるような。

 

錯覚。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし心ない言葉があれば。

 

それは、がらんどうの。

 

どうとでも受けてよい。

 

空白の。

 

まるで、私みたいな言葉。

 

 

 

 

 

 

 

誰か、蔑んでくれ。

 

殺して、生ゴミで出してくれ。

 

 

 

 

 

 

うまく、処理してほしい。

 

 

 

現実は、汚したら、自分で拭かなくてはならない。

 

死んだあとも、私たち、床に這いつくばって。

残骸を食べてる。

 

 

 

美味しいね。

 

 

 

 

 

 

 

誰かの苦しむ声。

 

 

 

 

 

 

 

かすかな、声。

 

 

 

 

 

殺したはずの。

死んだはずの。

 

 

 

あの子が。

 

 

 

ゾンビになって。

世界を襲って。

 

大切にしたかった諸々を。

 

 

 

 

 

破壊。裂傷。治ってもいびつなドーナツ。

 

 

穴があいてて。

無理矢理、つっこんでほしくて。

優しく、とか思っても。

そもそも痛いんだからさ。

 

思い切って、挿入。

 

 

 

なんかよくわからないけど。

 

もう抜かないでほしい。

 

 

 

 

でもさ。

 

 

 

 

その話は、もういいよ。

 

 

どんなことにも。

終わりはある。

 

 

 

泣いてごめんね。

 

 

 

 

 

泣いてごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

帰りたくなかった。

 

 

 

 

 

抱いていてほしかった。

 

他はいらないって。

言ってほしかった。

 

 

 

 

 

酷いよね。

 

 

天秤が、揺れて。

 

 

 

 

私は、あの時。

家族も絵も生きることも捨てて。

恥もなくて。

あったのは、妙なプライドで。

 

だから、愛されなくても。

いいよ。

 

そのときは、死ねばいいよ。

 

愛してなんて、言わないよ。

 

 

 

ずっと、好きだよ。

 

無償ですよ。

 

 

返ってこなくたっていいよ。

 

 

 

わたしは、ぽっかりとあいてる穴に。

 

ゴミくずや食べ残しを丸めて。

ぐちゃぐちゃにして。

適当におさめてる。

 

 

汚いよね。

 

 

あと、割れたガラスとか。

 

 

 

 

 

 

よくわからないけど。

 

 

自傷にも色々種類がある。

 

 

 

 

 

血も、痛いのも嫌いだから。

 

 

もっと精神的にえぐいこと、してる。

 

 

 

 

だから、何???

 

 

 

なんてさ。

頭悪い人にも。

わかりやすいようにさ。

 

説明させてもらいますよ、私は。

 

 

 

終わってたまるか。

 

 

 

 

 

 

我ら、這い上がり組!!

 

 

 

 

また陽が昇る!

 

 

 

朝です。

 

 

 

二重の電気毛布。

 

 

 

本日は完全休日のため。

ギャラリーも制作もせずに。

 

 

東札幌まで行って展示見て。

雪まつりを楽しみ。

容赦なく買い物して。

友達?とカラオケ!

 

 

おはよう。

 

あきらめて、ないから。